消費者金融の在籍確認が心配!どんな確認なの?避けることは出来ない

消費者金融のカードローン契約は、金利は高めなものの、短時間で審査が完了するキャッシング方法として人気があります。今では、大手消費者金融もメガバンクのグループ企業として経営を行っており、企業としての信用度も上がりつつあります。ですが、利用者にとって気になるのは、審査時の在籍確認となり、実際にどんな内容が確認されるのか、また在籍確認を回避出来ないのか考える筈です。

基本的に、消費者金融も個人情報の取り扱いに注意する必要があり、第3者に契約者の個人情報が漏れないようにする必要があります。例えば、在籍確認時に電話応対者へ消費者金融と知られることは個人情報の取り扱い上で問題となり、この場合は関係ない人にカードローン契約の情報が知られてしまいます。そこで、在籍確認については、会社名ではなく個人名で確認することとなり、契約者へ電話取次がされれば、本人確認を行って終了です。また、本人が不在でも、在籍していると確認できれば十分となっています。

では、在籍確認を回避する方法があるかというと、給与明細を数か月分提出する、または勤務先名が記載される納税証明書を提出する方法があります。近年では、企業側の情報管理が徹底されており、外部に情報流出が無いよう、電話窓口を限定するケースが多くなっています。さらに、在籍確認の電話がされる企業側としても勤務者の個人情報保護が必要であり、安易に回答をすることを行いません。特に、製造現場といった場合、情報流出といった問題だけでなく、衛生上の問題もあるため、契約者への電話取次が難しくなります。

そのため、給与明細や納税証明書の提出により、在籍確認を回避することも可能になっています。この方法については、予め勤務先の情報管理が厳しいことや電話が取次がれないといったことを消費者金融へ伝えることで実行可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です