優勝チームの予想が難しくなってきました。

センバツ高校野球で連覇を目指していた智弁学園が早々と負けてしまいました。
高校野球は何が起こるかわからないから面白いのかもしれません。

前評判のあった早稲田実業も、運良く勝ち進んだような状態ですし、ますます優勝校の予想ができなくなってきました。
それにしても、今回の大会は大差が付くか、接戦の試合が多く、見ている方もハラハラドキドキしてしまいます。

初のセンバツ大会は高校野球の最後の大会ではないので、それほど多くの涙を見ることもありません。
負けた瞬間からすぐに夏の大会に気持ちを切り替えているのかもしれません。

春に活躍した高校でも夏も出場できるとは限りません。
しかし、少しでも再び甲子園出場の可能性があるのならば、やはりそこに賭けていくしかないのだと思います。

強いから必ずしも勝てるわけではない所が甲子園なのかもしれません。
逆に言えば、前評判がそれほど高くなくても、すぐに負けるとは限りません。

甲子園大会で一戦ずつ重ねていくうちに強くなっていくチームもたくさんあります。
地方大会のデータもありますが、甲子園大会では全てがそれに当てはまるとは言えない所が高校野球の面白さであり、醍醐味とも言えるでしょう。三菱東京UFJ銀行カードローン 審査

結果も大事ですが、試合内容が濃ければ濃いほど、後々想い出に残る試合になるのだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です